CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
地球の歩き方 地球の暮らし方7 カナダ 2004〜2005年版
地球の歩き方 地球の暮らし方7 カナダ 2004〜2005年版 (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室
「歩き方」ではなく「暮らし方」。カナダでの生活に役立つ情報が満載です。
MOBILE
qrcode
<< オタワ | main | モントリオール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オタワ&モントリオール Montreal
朝ホステルをチェックアウトして、VIA鉄道の駅へ。

チケットを手に入れて荷物を預け、文明博物館へ。バスの乗り換えに相当苦戦。オタワのバス、かなりややこしいのよ。まあ乗り慣れてないせいもあるんだろうけど。

考えるのがめんどくさくなって、結局途中から歩いていくことにした。ここ最近一人で行動してないもんだから、人に頼るクセがついちゃったのかも。ダメだねえ。しっかりしないと。

橋を渡ってケベック州へ。意外と近かった。

入場料は大人10ドル、学生6ドル。知らん顔してユースカード出したら、学生料金で入れた。ラッキー。

時間があまりないので、少し急ぎ目に回る。この博物館、かなり面白い。トーテムポールを始め、ほとんどの展示品が実物大で展示してあるのね。しかも数が半端じゃない。通い詰めたいくらい気に入った。

昼食をとって、また駅へ向かう。

初のVIA鉄道。期待が膨らむ。

が、そんなでもなかった。かなり旅気分は味わえるけど、バスより混んでて、私はあまり快適ではなかった。

モントリオール到着。予想してたことだけど、周りはすべてフランス語。VIAに乗ってる段階で、乗客のほとんどがフランス語話してたからね。

もらった地図もバスの経由図も道の名前も全部フランス語。これには恐怖を感じた。だって今までわかってたことが急にわかんなくなるんだよ。言葉がわからないのってこんなに怖いんだなあと初めて感じた。

ホステルに無事到着。なかなか面白そうなホステル。ホストのおじさんはイタリア人とフランス人のハーフで、イタリア語とフランス語と英語を操る。

コーヒーに誘ってくれて、ケーキまでおごってくれた。最近おごられ運がついてるね。(笑)

その後一人で街をブラブラ。噂には聞いてたけど、モントリオールはほんとに他の街と全く違う。いきなりヨーロッパに来たみたい。私の中ではフランスと言うより、イタリアのイメージだけどね。

ホステルに泊まってる人のほとんどがフランス語しか話せない。ということで会話もできない。

日本人の女の子が泊まってたので、二人でひたすらしゃべった。彼女は明日日本に帰るらしい。ということは明日はホステルではほとんど会話できないということだな。

彼女曰く、一言もフランス語を使わなかったら、態度が悪い店員がいたらしい。それはどうかと思うね。加えて、ここの人はみんなツンケンしてるんだって。素敵な街なのに、もったいないね。

明日は一人でひたすら歩き回ってみよう。
| カナダ横断バスの旅 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック